ジョギング


「具合が悪くなったら病院に行けば良い」という価値観の積み重ねが、ガンなどの生活習慣病などで苦しむ多くの病人を生み出す原因となり、日本経済の大きな課題である国民医療費の高騰につながっているのではないでしょうか。

病氣になってからのことを心配するより、病氣にならない生き方をしてみたいと思いませんか。

そのためには、食生活、健康食品、運動、睡眠、ストレス対策などを正しく実践するこが重要となります。

大切な身体、大切な命に自らが責任を持ち、他人に依存しないという健康の価値観。

それが『健康的自立』です。


あなたの身体を、そして命を決めるのは、あなたの健康の価値観です。

周囲からの情報を活用するのも惑わされるのも、あなたの価値観なのです。

もちろん医療も大切ですが、依存するのではなく活用することが重要なのではないでしょうか。


超高齢化社会となり、高齢化がますます進む日本。

これまでの生活を続けている限り、病氣で苦しむ方が増え、国民医療費も増大を続けてしまうでしょう。

また日本は、世界一の長寿国となりましたが、残念ながら自立した生活ができず介護・介護を受ける期間も世界一という現実もあります。

『健康的自立』の輪が日本中へ広まっていくことで多くの方が健康を手に入れ、さらに国民医療費の高騰に歯止めをかけることができるのです。


『発酵・復興プロジェクト』では、多くの方の『健康的自立』につながる情報をご提供して参ります。